私の大人ニキビに良い洗顔の工夫

私の大人ニキビに良い洗顔の工夫

年齢が増えるにつれてニキビは少なくなってきたのですが、仕事のストレスや寝不足などで生活が不規則になると、大人ニキビができてしまいます。

 

大人ニキビを解消するためにはまず、洗顔を丁寧に行うことです。しかしニキビができたからといって洗顔回数を増やすと、かえって皮脂分泌が活発になってしまうため、朝と夜の1日2回の洗顔にとどめておきます。まず洗顔前に蒸しタオルで毛穴を開いて汚れを落としやすくします。洗顔料はなるべく刺激の少ないものを使い、それをネットでたっぷり泡立てます。

 

(※NonA(ノンエー)は特に刺激が少ないので私的に良いと思います。)

 

 

泡のキメが細かくなりモチモチの感触になるまで、じっくり時間をかけます。そして泡を顔にのせるのですが、この時手で肌をゴシゴシ擦らないように注意して、手の平と顔の間で泡を転がし、泡自体が汚れを吸着するように洗います。皮脂が詰まりやすい小鼻の周りなどは特に念入りにくるくると円を描くように洗い、その後ぬるま湯でしっかりとすすぎ、さらに仕上げに冷たい水ですすいで毛穴を引き締めます。

 

雑菌が付着すると大人ニキビの原因になってしまうので、タオルは清潔なものを利用するように心掛けています。大人ニキビは肌の水分バランスが乱れて、刺激に敏感になることでも起こるので、洗顔後の保湿はきちんと行います。